【Oracle】ディレクトリ・オブジェクトを作成する

【Oracle】ディレクトリ・オブジェクトを作成する

はじめに

コジマです。

Oracleでディレクトリ・オブジェクトを作成するコマンドを紹介します。

データ移行やバックアップをするために不可欠です。

参考URL

公式の情報はこちらです。
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56299/statements_5007.htm

こちらをかみ砕いて説明したものが本記事の内容となります。

本記事はWindowsを前提として書きますが、Linuxでも同様にできると思います。

ディレクトリ・オブジェクトとは

ログ、表データ、ダンプファイルなどが存在する
サーバー上のディレクトリの別名です。

ディレクトリ・オブジェクトを作成することで
コマンドでサーバー上のパスを直接呼び出すことがないので
管理がカンタンになります。

コマンド

例)
サーバーの「D:\work\oracle_data」に「DUMP_PATH」という
ディレクトリ・オブジェクトを作成したい。

確認するときは以下のコマンドを実行して
DUMP_PATHが存在することを確かめます。

注意

ここで指定するディレクトリのパスは
Oracleデータベースが存在するサーバーのパスです。

私の実体験として作業端末(ローカル)のパスだと勘違いして
全然できん。。。と悶えてしまったことがあります。

さいごに

こういったコマンドってちょこちょこ調べたりするので覚書です。

この記事を面白いまたは役に立ったと思ってくれた方は是非私のTwitter(@kojimanotech)を
フォローしてくれたらうれしいです!

以上、コジマでした。


データベースカテゴリの最新記事