【Oracle】DBCAでデータベースの作成がいつまでも終わらないときに見直すこと

【Oracle】DBCAでデータベースの作成がいつまでも終わらないときに見直すこと

はじめに

コジマです。

Oracleでデータベースを作成するツールである
Database Configuration Assistant(DBCA)でデータベースの作成が終わらないときに
見直す内容をまとめました。

有識者から伺って学んだことをまとめているので
ある程度信憑性に足るものだと思っていますが、保証するものではありませんが、
参考にして頂ければと思います。

※実行OSはWindowsを想定しています。

sqlnet.oraでSQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES=(NONE)になっている

sqlnet.oraでSQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES=(NONE)となっていると

  • ネットワーク層上のサービス、KerberosまたはRADIUSなどの、データベース外部のサービスに基づく認証。
  • 管理オペレーティング・システム・グループ内のオペレーティング・システム・ユーザーのメンバーシップに基づく認証。グループ名はプラットフォーム固有です。この認証は、管理接続のみに適用可能です。
  • データベースによって実行される認証。
  • ディレクトリ・サーバー内に保管された資格証明に基づく認証。

のいずれも行われず、データベース作成途中に認証が必要な処理(フォルダのアクセス権の問題など)で認証できず
処理が止まってしまうことがあります。

必要な認証は「Microsoft Windowsオペレーティング・システム固有の認証」になります。
したがって、SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES=(NTS) に修正します。

OSユーザは、Oracleの権限を持っているユーザであるか

Oracleの権限がないとできないのは当たり前です。

確認のために以下のコマンドを実行します。

以下のグループがすべて含まれていることを確認します。

(マシン名)\ORA_ASMDBA
(マシン名)\ORA_DBA
(マシン名)\ORA_OraDB12Home1_SYSBACKUP
(マシン名)\ORA_OraDB12Home1_SYSDG
(マシン名)\ORA_OraDB12Home1_SYSKM

ウイルス対策ソフトが起動している

ウイルス対策ソフトが起動しているとデータベースのインストール処理を妨げることがあります。
ウイルス対策ソフトを起動していたら一旦終了しましょう。

さいごに

この後にデータベースの再作成を行うと思います。

DBCAからデータベースを削除するときに
%ORACLE_BASE%\oradata\(データベース名)
のフォルダがうまく消せないときがありますが、その時は手動で消しちゃって問題ないです。

そしたらまた作り直しましょう。

この記事を面白いまたは役に立ったと思ってくれた方は是非私のTwitter(@kojimanotech)を
フォローしてくれたらうれしいです!

以上、コジマでした。


データベースカテゴリの最新記事