【Railsチュートリアル】第7章 演習問題解答

【Railsチュートリアル】第7章 演習問題解答
目次

7.1.1 デバッグとRails環境

1.ブラウザから /about にアクセスし、デバッグ情報が表示されていることを確認してください。このページを表示するとき、どのコントローラとアクションが使われていたでしょうか? paramsの内容から確認してみましょう。

解答


デバッグ情報が表示されています。
controller:static_pages
action:about
と表示されていますね。

2.Railsコンソールを開き、データベースから最初のユーザー情報を取得し、変数userに格納してください。その後、puts user.attributes.to_yamlを実行すると何が表示されますか? ここで表示された結果と、yメソッドを使ったy user.attributesの実行結果を比較してみましょう。

解答

結論、同じになります。

7.1.2 Usersリソース

1.埋め込みRubyを使って、マジックカラム (created_atとupdated_at) の値をshowページに表示してみましょう (リスト 7.4)。

解答

created_atとupdated_atを同じ要領で付け足せばOKです。

2.埋め込みRubyを使って、Time.nowの結果をshowページに表示してみましょう。ページを更新すると、その結果はどう変わっていますか? 確認してみてください。

解答

Time.now付け足します。
行が変わるようにpタグで囲んでます。

表示してみます。

しばらくして再読み込みします。

変わりましたねーめでたし。

7.1.3 debuggerメソッド

1.showアクションの中にdebuggerを差し込み (リスト 7.6)、ブラウザから /users/1 にアクセスしてみましょう。その後コンソールに移り、putsメソッドを使ってparamsハッシュの中身をYAML形式で表示してみましょう。ヒント: 7.1.1.1の演習を参考にしてください。その演習ではdebugメソッドで表示したデバッグ情報を、どのようにしてYAML形式で表示していたでしょうか?

解答

普通にputsするだけだとハッシュですが、to_yamlで変換することによってYAML形式になります。

2.newアクションの中にdebuggerを差し込み、/users/new にアクセスしてみましょう。@userの内容はどのようになっているでしょうか? 確認してみてください。

解答

debuggerをnewアクションに差し込みました。

@userの内容はnilでした。

7.1.4 Gravatar画像とサイドバー

1.(任意) Gravatar上にアカウントを作成し、あなたのメールアドレスと適当な画像を紐付けてみてください。メールアドレスをMD5ハッシュ化して、紐付けた画像がちゃんと表示されるかどうか試してみましょう。

解答

調べてて分かったんですけど、
gravatar_url = “http://secure.gravatar.com/avatar/#{gravatar_id}”
が日本では
gravatar_url = “http://ja.gravatar.com/avatar/#{gravatar_id}”
となるようです。

こんな感じで自分のプロフィール画像を表示できました。

2. 7.1.4で定義したgravatar_forヘルパーをリスト 7.12のように変更して、sizeをオプション引数として受け取れるようにしてみましょう。うまく変更できると、gravatar_for user, size: 50といった呼び出し方ができるようになります。重要: この改善したヘルパーは10.3.1で実際に使います。忘れずに実装しておきましょう。

解答

リスト7.12に従えば良いです。

3.オプション引数は今でもRubyコミュニティで一般的に使われていますが、Ruby 2.0から導入された新機能「キーワード引数 (Keyword Arguments)」でも実現することができます。先ほど変更したリスト 7.12を、リスト 7.13のように置き換えてもうまく動くことを確認してみましょう。この2つの実装方法はどういった違いがあるのでしょうか? 考えてみてください。

解答

リスト7.13に従えば良いです。

違いとしてはハッシュから変数になったことですね。

7.2.1 form_forを使用する

1.試しに、リスト 7.15にある:nameを:nomeに置き換えてみましょう。どんなエラーメッセージが表示されるようになりますか?

解答

NoMethodError in Users#new
が表示されます。

2.試しに、ブロックの変数fをすべてfoobarに置き換えてみて、結果が変わらないことを確認してみてください。確かに結果は変わりませんが、変数名をfoobarとするのはあまり良い変更ではなさそうですね。その理由について考えてみてください。

解答

置換するだけなので置換後のコードは省略します。
その代わりvimの便利コマンド紹介します。
:%s/f/foobar/gc
:%s/検索文字列/置換文字列/gcとなります。

置換は:sでできます。:sだけだとカーソル位置以降を検索しますが、
:%sとすることでカーソル位置に依存せずに頭から置換できます。

後ろのgは一行の中で行末まで全てを検索します。
cは1つずつ検索します。

上記コマンドはファイル内全ての[f]を1つずつ確認しながら[foobar]に置換するコマンドになります。

7.2.2 フォームHTML

1.Learn Enough HTML to Be DangerousではHTMLをすべて手動で書き起こしていますが、なぜformタグを使わなかったのでしょうか? 理由を考えてみてください。

解答

formタグってのは入力・送信フォームを作成する時に使うタグですね。
Learn Enough HTML to Be Dangerousの中では入力・送信フォームを作成していないですね。

なので、解答としては入力・送信フォームを作成していないから。
ということで良いかと思います。

7.3.2 Strong Parameters

1./signup?admin=1 にアクセスし、paramsの中にadmin属性が含まれていることをデバッグ情報から確認してみましょう。

解答

パラメータ情報にadminが含まれています。

debuggerで確認してもわかりますね。

7.3.3 エラーメッセージ

1.最小文字数を5に変更すると、エラーメッセージも自動的に更新されることを確かめてみましょう。

解答

というわけで最小文字数を5にしてみます。

「Password is too short (minimum is 5 characters)」
に変わりました。

2.未送信のユーザー登録フォーム (図 7.12) のURLと、送信済みのユーザー登録フォーム (図 7.18) のURLを比べてみましょう。なぜURLは違っているのでしょうか? 考えてみてください。

解答

ルーティング見てみましょう。

最初は/signupですが、エラー時にはcreateアクションが/usersを呼び出します。
renderはnewを通りますが、renderがviewを呼び出すときはアクションを経由しないために
URLはcreateアクションの時に指定されてる/usersとなります。

んー説明が下手な気がしますね…。申し訳ないです。

7.3.4 失敗時のテスト

ここの演習問題結構難易度高めかと思います。

1.リスト 7.20で実装したエラーメッセージに対するテストを書いてみてください。どのくらい細かくテストするかはお任せします。リスト 7.25にテンプレートを用意しておいたので、参考にしてください。

解答

assert_selectのセレクタを書く練習ですね。
テンプレートに従って、今回は

  • id:error_explanation
  • class:alert
  • class:alert-danger

の3つが定義されていることを確認することにしましょう。

リスト7.25を参考に書いてみました。

テストも通っています。

2.未送信のユーザー登録フォームと送信直後のURLは、それぞれ /signup と /users になり、URLが異なっています。これは、リスト 5.43で追加した名前付きルートと、デフォルトのRESTfulなルーティング (リスト 7.3) を設定したことによって生じた差異です。リスト 7.26とリスト 7.27の内容を追加し、この問題を解決してみてください。うまくいけば、いずれのURLも /signup となるはずです。あれ、でもテストは greenのままになっていますね…、なぜでしょうか? (考えてみてください)

解答

リスト 7.26とリスト 7.27の内容を追加すればURLは合わさります。

ルーティングを確認すればテストがgreenになることがわかります。

users_pathのcreateアクションが残っています。
なので、テストに影響を及ぼさずgreenとなります。

3.リスト 7.25のpost部分を変更して、先ほどの演習課題で作った新しいURL (/signup) に合わせてみましょう。また、テストが greenのままになっている点も確認してください。

解答

testの中のusers_pathをsignup_pathに書き換えます。

テストも通ります。

4.リスト 7.27のフォームを以前の状態 (リスト 7.20) に戻してみて、テストがやはり greenになっていることを確認してください。これは問題です! なぜなら、現在postが送信されているURLは正しくないのですから。assert_selectを使ったテストをリスト 7.25に追加し、このバグを検知できるようにしてみましょう (テストを追加して redになれば成功です)。その後、変更後のフォーム (リスト 7.27) に戻してみて、テストが green になることを確認してみましょう。ヒント: フォームから送信してテストするのではなく、’form[action=”/signup”]’という部分が存在するかどうかに着目してテストしてみましょう。

解答

リスト7.20の状態に戻して以下を追加します。

テストがREDになります。

その後リスト7.27に戻してテストするとGREENになります。

7.4.1 登録フォームの完成

1.有効な情報を送信し、ユーザーが実際に作成されたことを、Railsコンソールを使って確認してみましょう。

解答

省略(言われた通りやるだけなのでやってみてください!)

2.リスト 7.28を更新し、redirect_to user_url(@user)とredirect_to @userが同じ結果になることを確認してみましょう。

解答

省略(言われた通りやるだけなのでやってみてください!)

7.4.2 flash

1.コンソールに移り、文字列内の式展開 (4.2.2) でシンボルを呼び出してみましょう。例えば”#{:success}”といったコードを実行すると、どんな値が返ってきますか? 確認してみてください。

解答

[success]と表示されます。

2.先ほどの演習で試した結果を参考に、リスト 7.30のflashはどのような結果になるか考えてみてください。

解答

flashだとハッシュで全て出てきます。
flash[:success],flash[:danger]は設定した文字列が出力されます。
flash:errorは空文字が出力されます。

7.4.3 実際のユーザー登録

1.Railsコンソールを使って、新しいユーザーが本当に作成されたのかもう一度チェックしてみましょう。結果は、リスト 7.32のようになるはずです。

解答

指示に従うだけです。省略。

2.自分のメールアドレスでユーザー登録を試してみましょう。既にGravatarに登録している場合、適切な画像が表示されているか確認してみてください。

解答

やってみましょう。いぇ〜い!

7.4.4 成功時のテスト

1.7.4.2で実装したflashに対するテストを書いてみてください。どのくらい細かくテストするかはお任せします。リスト 7.34に最小限のテンプレートを用意しておいたので、参考にしてください (FILL_INの部分を適切なコードに置き換えると完成します)。ちなみに、テキストに対するテストは壊れやすいです。文量の少ないflashのキーであっても、それは同じです。筆者の場合、flashが空でないかをテストするだけの場合が多いです。

解答

空かどうか判定するためにはemptyメソッドを使います。

2.本文中でも指摘しましたが、flash用のHTML (リスト 7.31) は読みにくいです。より読みやすくしたリスト 7.35のコードに変更してみましょう。変更が終わったらテストスイートを実行し、正常に動作することを確認してください。なお、このコードでは、Railsのcontent_tagというヘルパーを使っています。

解答

指示に従うだけなので省略。

3.リスト 7.28のリダイレクトの行をコメントアウトすると、テストが失敗することを確認してみましょう。

解答

コメントアウトしてみました。

エラーになってますね。

4.リスト 7.28で、@user.saveの部分をfalseに置き換えたとしましょう (バグを埋め込んでしまったと仮定してください)。このとき、assert_differenceのテストではどのようにしてこのバグを検知するでしょうか? テストコードを追って考えてみてください。

解答

パスワード一致しないようにしてみました。

User.countが変わらなかったぞ、と怒られました。

7.5.3 本番環境へのデプロイ

1.ブラウザから本番環境 (Heroku) にアクセスし、SSLの鍵マークがかかっているか、URLがhttpsになっているかどうかを確認してみましょう。

解答

鍵が付きましたー。

2.本番環境でユーザーを作成してみましょう。Gravatarの画像は正しく表示されているでしょうか?

解答

本番環境でもできましたー!

もしかしたら誤答もあるかもしれないな。。。
ちょっと不安になってきているのですが、続きつくっていきます!


Ruby on Railsカテゴリの最新記事