Rails2ヶ月くらい勉強した自分が思うRailsの好きなとこ

Rails2ヶ月くらい勉強した自分が思うRailsの好きなとこ

コジマです。

ついついタイトル長くなっちゃうんですよね。
週末名古屋に小旅行行ったりしていて投稿が滞ってしまいました。

まだもくもくレポもできてない…。

学習状況としては
Railsをドットインストール一通りやって
Railsチュートリアル5章までやって難しくなって
Progateに行った感じです。

もくもく会以降オリジナルのWebアプリケーションちょこちょこ作ってたんですけども
まだ未完成ではありますが、別のアプリケーション作ろうかなーと考えているところです。
最初のWebアプリケーションは学んだことの復習がメインでしたが、セキュリティ的に色々チョンボしてしまっているので、
次に作るのは実際に世に出すものを作ることを意識して設計するところからやってみようかと思ってます。
勤怠管理システムを作ってみようかな、とぼんやり思ってます。
理由は弊社の勤務表が手書きだから!エンジニアたるもの何故2018年にもなってアナログなのだ(;ω;)

前置き長くなってしまいましたが、Railsのこんな所が好きだよって所書いていきたいと思います。

役割がハッキリしてる

RailsはMVCモデルで作られてるので、新しいページ作りたいときは
ルーティングしてコントローラ定義してビュー作ればいいんだ!
てな感じで感覚で分かりやすいです。

あまり直感に反して来ない所もいいですね。

機能追加がやりやすい

何か機能を追加するとか考えた時に
ここもあそこも、プロジェクトフォルダの中全部grepしなきゃ分かんないよ〜
ってことが起こりにくいです。
テーブルに新しいカラム作りたくなった時は
マイグレーションファイル作ってマイグレートすればいいし
とにかく新しいものを作っていけばいいので勉強して行く中でデグレしたことないです。

作りたいものをどう作ればいいか考えやすい

前置きで書いた「勤怠管理システム」を作ろうってなった時に
ユーザーテーブル、勤怠テーブルを設けて
ログインしたら出勤にしてログアウトしたら退勤にしよう。
日毎の労働時間を確認できると尚良いな。
ここまで考えれば画面どうしてデータのやり取りどうしようとか
カンタンに頭の中で考えられるんですよ。
慣れは要ると思いますが、そんなに時間かからないと思います。

ドキュメントが豊富

Railsを勉強している方多いので、分からないことは探せば解決するための記事が出てくる率が高いです。
これは何気に重要で、いわゆる問題解決というものにかけるコストが削減できます。

楽しい

大事ですよね。
楽しくなかったらやってられませんw
作りたい機能をぽこぽこ作っていけるので、ルーティングとビューにrubyのコード埋め込む方法分かれば
しばらく不自由しないと思います。
もちろん技術的な問題は出てくると思いますが。

最後に

もっとRailsの魅力はたくさんあると思います。
しかしながら大体2ヶ月勉強した自分がこれだけの魅力を感じているので、
実際にキャリアを積んでいる皆さんから見たらもっと違った見え方がしていると思います。

これから勉強する人にも少し前を向ける力になれたら嬉しいです。

以上、コジマでした。

Ruby on Railsカテゴリの最新記事